受賞作品

 日事連では、すぐれた建築作品を設計した建築士事務所を表彰することにより建築士事務所の資質の向上に資することを目的に、平成31年度日事連建築賞の募集を開始します。
 新築にかかわらず、増改築・改修等の建築物も対象となります。また、会員でない方も、各都道府県の事務所協会の第1次審査で、第2次審査候補作品に選考された後の入会を条件に応募いただけます。ふるってご応募ください。



    posterh30.jpg
    ▶印刷用チラシはこちらです 

 詳細は以下の募集要項をご覧ください。
 

 なお、以下の点にご留意ください。 
  応募に当たり、募集要項に記載される事項も含め、建築主の了解を得てください。
  一部の建築士事務所協会では、応募締め切り日や提出書類が募集要項と異なる場合があります。
必ず応募前に事務所が所属する都道府県の建築士事務所協会にご確認ください。
                                 →各都道府県の事務所協会の連絡先
  パネルはA1縦長サイズで作成してください。
  受賞した際には、本会からの求めに応じ、公開用の写真を提出していただきます。
写真等にはクレジット表記は行いません。


<概要>
 募集対象
(1) 募集作品の対象地区
  日本国内とする。
 
(2) 対象建築作品
  建築士事務所が一般的に手がけている中小規模の建築作品(新築にかかわらず増改築、改修等を含む)で、平成28年4月1日から平成30年3月31日までの期間に竣工(竣工の日は検査済証の交付日とする)したもので竣工後の増改築等も含め法令が遵守され、構造上、防災上の安全性を備えた建築物とし、次の部門毎に募集する。 ただし、本連合会が主催した建築作品表彰に一度応募した作品については対象としない。また、応募にあたっては本募集要項に記載されている事項を含め、建築主等の了解を得たものとする
    <1> 一般建築部門   (延面積が1,000平方メートルを超え10,000平方メートル以下の建築物)
  <2> 小規模建築部門  (延面積が1,000平方メートル以下の建築物:戸建住宅を含む)
 応募資格者
(1) 単位会(本連合会正会員である都道府県建築士事務所協会をいう)に所属する建築士事務所(以下、単位会会員という)とする。
 
(2) 応募時点で単位会会員でない者は、第1次審査(単位会に応募された建築作品の審査)で第2次審査候補作品に選考された後速やかに単位会に入会申請することを条件とする。
 
(3) 特定共同企業体(JV)の場合は、その代表者が単位会会員または応募時点で単位会会員でない者は、上記(2)の条件とする。
 応募期限と応募書類の提出先
  応募しようとする者は、平成31年4月26日(金)まで建築士事務所が所在する都道府県の単位会事務局に応募手続きをしなければならない。
 
 ※
一部の建築士事務所協会では、応募締め切り日や提出書類が募集要項と異なる場合があります。
必ず応募前に事務所が所属する都道府県の建築士事務所協会にご確認ください。 

Copyright © 2011 Japan Association of Architectural Firms All rights reserved.