日事連建築賞受賞作品 信頼+社会的ステータスの向上を 都道府県の協会への入会はこちら

7月10日(火)よりフラット35(中古住宅)等 「適合証明技術者」 登録の受付を行います

住 宅 金 融 支 援 機 構
フラット35(中古住宅)等 適合証明技術者登録受付について

 

 本年度、適合証明技術者の登録受付を以下の期間で実施する予定です。詳細につきましては、6月下旬に公表いたしますのでしばらくお待ちください。
 尚、登録窓口は、建築士事務所が所在する各都道府県の事務所協会となります。
 
  受付期間   平成24年度7月10日(火)~平成24年7月24日(火)

  登録窓口   各都道府県の事務所協会


~ 適合証明技術者 とは ~

 住宅金融支援機構のフラット35(中古住宅)、リ・ユース住宅及びリフォーム融資希望者等の依頼に基づき、書類審査及び現地調査で融資希望物件が住宅金融支援機構の基準に適合しているかどうかの判定業務を行うことのできる技術者です。

(注1)適合証明業務については、適合証明技術者のほか、住宅金融支援機構と協定を締結した民間の検査機関も業務を行うことができます。
(注2)適合証明技術者はフラット35S(中古タイプ)以外のフラット35Sに関して物件検査を行うことができません。



登録有効期間は2年間です。
現在登録されている方の登録有効期限は、平成24年9月30日までとなります。


  登録制度概要   適合技術者登録制度について


Copyright © 2011 Japan Association of Architectural Firms All rights reserved.