スプリンクラー設備等の耐震措置に関するガイドラインの策定について [消防庁]

○スプリンクラー設備等の耐震措置に関するガイドラインの策定について [消防庁] (2018/5/11)

 このたび消防庁において、 平成23年東北地方太平洋沖地震や平成28年熊本地震等の過去に発生した大規模地震における被害事例調査をもとに、大規模地震に対応した消防用設備等のあり方について検討した結果等を踏まえ、スプリンクラー設備及びパッケージ型自動消火設備I型(以下「スプリンクラー設備等」という。)を対象に、「スプリンクラー設備等の耐震措置に関するガイドライン」(以下「ガイドライン」という。)が作成され、国土交通省を通じ本会宛てに周知依頼がありましたのでお知らせします。
 
 ガイドランは、消防法施行規則(昭和 36 年自治省令第 6号)第12条第1項第9号に規定する措置の一例として示されており、防火対象物の新築時又は大規模改修において、このガイドランに基づく措置をできる限り講じるよう、ご留意ください。
 
担当:消防庁予防課設備係
   国土交通省住宅局建築指導課
 

Copyright © 2011 Japan Association of Architectural Firms All rights reserved.