重要事項説明について


 四会推奨標準様式 「重要事項説明書」 について


 平成20年の改正建築士法では建築士事務所の開設者に対して、設計または工事監理契約の締結前に、管理建築士又は当該建築士事務所に所属する建築士に、あらかじめ建築主に対し契約内容の重要事項について書面を交付して説明させることが義務づけられました。
 
 平成20年の改正建築士法の施行にあたり設計関連四会((一社)日本建築士事務所協会連合会、(公社)日本建築士会連合会、(公社)日本建築家協会、(一社)日本建設業連合会)では、「重要事項説明内容等検討会」を設置し、重要事項説明の説明内容、標準的な書式、Q&Aについて検討を行い、四会推奨の重要事項説明書の標準様式をまとめ、あわせて重要事項説明についての解説書を発行することといたしました。
 四会推奨標準様式「重要事項説明書」は、下記よりダウンロードしてご利用いただけます。

*平成27年6月25日の改正建築士法の施行により重要事項説明の項目に建築士事務所の区分(一級、二級、木造)が加わりました。


四会推奨標準様式「重要事項説明書」のダウンロード

     WORD ファイル

  PDF ファイルPDF

通常のWORDファイルとして入力してご使用いただけます。 
説明書の各項目につきましては、プロテクトがかかっておりますので変更できません。グレーの箇所のみ入力ができます。
ただし、(説明をする建築士)(説明を受けた建築主)の印につきましては削除できるようになっていますので、 必要に応じて削除してご使用いただくことができます。
選択項目(委託する予定の「あり、なし」及び(説明をする建築士)の資格種別、「管理建築士か所属する建築士か」の別)につきましては、プルダウンメニューから該当項目を選択してください。
 
プリントアウトしてご使用ください。
 

※ご使用にあたっては「四会推奨標準様式「重要事項説明書」ご使用上の注意」PDFをよくお読みの上、ご使用ください。

              ■ 記載例(戸建て住宅の設計・工事監理の場合)PDF 
 


「重要事項説明書」の記載内容等の詳細については、下記の図書を参考にしてください。 


1.書   名  「建築士法による重要事項説明のポイント」 
2.体   裁  A4判 約96ページ 
3.おもな内容 重要事項説明についての解説、四会推奨標準様式、
          重要事項説明書記載例、Q&Aなど。 

4.定   価  1,404円(税込)
  会員価格  1,263円(税込)

5.頒布窓口
    (一社)日本建築士事務所協会連合会および各都道府県事務所協会 
    (公社)日本建築士会連合会および各都道府県建築士会
    (公社)日本建築家協会 
6.発 行 日  平成27年11月20日

          >>購入方法
 
 

新旧対照表PDF
 (平成21年度版からの変更箇所

平成20年11月発行の「改正建築士法による重要事項説明のポイント」をお持ちの方は、下記の読替資料にて記載内容を読み替えてご使用ください。

 ●読替資料  平成27年6月25日の改正建築士法の施行に伴う重要事項説明、書面交付等の変更点と「重要事項説明のポイント」の記述内容の読み替えについて  

 
 
  

 

改正建築士法の概要建築設計・監理等 業務委託契約書類「開設者・管理建築士のための建築士事務所の管理研修会」のご案内 建築士定期講習のご案内 管理建築士講習のご案内 「事例に学ぶ」建築士事務所のトラブル予防 建築士事務所のマネージメント支援ツール「JAAF-MST2013」 重要事項説明について 建築CPD情報提供制度
フラット35(中古住宅)等 適合証明技術者支援情報 フラット35(中古住宅)等 適合証明技術者の検索 被災度区分判定復旧技術事務所名簿
Copyright © 2011 Japan Association of Architectural Firms All rights reserved.